IEEE COMPSAC 2021に論文が採録されました

2021年3月に修了した小出 知弘さんが主著となる論文が、IEEE COMPSAC 2021にfull paperとして採録されました。採録率は27%でした。また、M2の五島 健太朗さんが主著となる論文が、IEEE COMPSAC 2021の併催ワークショップであるADMNET 2021に採録されました。この論文は、JPNIC、及び長崎県立大との共同研究です。IEEE COMPSAC 2021は、2021年7月12日~16日にバーチャル開催される予定です。

■採録論文

  • Tomohiro Koide and Masato Uchida, “Behind The Mask: Masquerading The Reason for Prediction,” IEEE COMPSAC 2021.
  • Kentaro Goto, Akira Shibuya, Masayuki Okada and Masato Uchdia, “Analysis of Route Announcements of Unassigned IP Addresses,” IEEE ADMNET 2021.
PAGE TOP